教習中、左折の手順をお伝えしている最中、たまにこんな質問をされます。

このカーブは何回転ハンドルを回せばいいですか?


分かります。
早く左折をマスターしたいですよね。

数字でお伝えしてもいいんですけど、「このカーブは1回転」とか、「このカーブは1/2回転」とか覚えるのって大変ですよね?
教習中は同じところを何度も曲がって、タイミングを覚えてもらうのですが、縁石から車両までの距離やスピードによってハンドルを回す量が変わってきます。

ですので、同じ人間が同じカーブを何回やっても微妙に変わってくるんですね。
ましてや、初めて曲がるカーブはどうしましょうか?
ってことになります。

ですので、曲がる前にコーナー全体を見て、スピードと縁石からの距離をなんとなく理解してどれくらいハンドルを回せば安全な位置を維持しながら曲がっていけるのかを身体に染み込ませていく練習をします。

また、何回かに分けてハンドルを回すより、どれくらい回せば安全に曲がっていける回転数なのかをカーブの半分までで回し終えて固定するのが、重要になってきます。

ぜひ、お試しください!

ハンドルを回して固定してげると、「」の一部になって曲がっていけます。
これが、車と乗り手に優しいハンドル操作になってきます。

意識するだけでも優しく運転できますから試してみて下さいね(^^)