某大学の薬学部の大学院生のT君。

はじめから「首都高行きたい」と受講してくれました。
ご自宅がなかなかの住宅街で出入りだけでも練習になりそうなところです。

なので、狭い所はなかなか上手でした。
3時間×3日プランでの受講で、なんと毎回首都高に乗るという滅多にないケースの内容でした。
本人は毎回緊張してたみたいですが、上手だったのでそれも可能でした。

もともとが「首都高の経験値を上げたい」ということが狙いだったので希望は叶ったのではないでしょうか!
昼夜C1・C2まんべんなく走ることができました。
毎回少しづつ距離を伸ばしていきました。

ゼミ仲間での運転も必要だった様ですが、本当はお母さんを旅行がてら道の駅に連れて行くという約束をしたから当スクールを受講ということでした。

なかなか親孝行の好青年です(^^)

一見テンション低めで冷静沈着っぽいですが、内面は「首都高緊張で言葉が出ません」って言ってましたが、終わる頃には「一般道より高速道路の方が、安全で楽です!」だと!

エライ変わりようです(*^^*)

これからは、ゼミの後輩やお母さんを連れてドライブに旅行にと楽しいカーライフを生活の一部にして欲しいと思います。

T君お疲れ様でした。
卒業おめでとう!